AZUSAマニアックファクトリー

 アンダーグラウンドに生きるBASSIST AZUSAの日記
 


2007/10«2007/11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »2007/12
     
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

     
今週金曜日は、高円寺のMISSIONSでsamstring LIVEです。
出番は20時20分頃。Be-Bさんと一緒だよ。
私にとって、今年最後のsamstrig liveになります。是非、見に来てね。

昨日はsamstringのLIVE前の最後のリハだった。
いい感じだったよ。

今日はこれからPAUL POSITIONのリハ。

最近ほぼ毎日スタジオなんだよね。嬉しいけど、楽器重くて肩こりがひどいです。マッサージとか温泉行きたいな。
誰か連れてって
スポンサーサイト

     
今週は木曜日は、コネクト07という両国国技館のハウス系のDJ&ライブイベントに行った。

出演はBOOM BOOM SATELLITES、大沢伸一さん、石野卓球さんなど。BOOM BOOMかっこよかったよ。LIVEが盛り上がり過ぎて最前列の柵が壊れてライブが一時中止になってた。そういうハプニングも余計かっこいい。

実は最近、こっち方面の音楽にも興味あったりします。



そして本題。
日曜日は、東放学園でのライブ。
この日は、対バンの方達がハンパなかった。大先輩ばかり。

会場に着き、まず、ステージを見に行った。
普通にハコのデカさにびびる。

リハにて。
いつもより中音を相当固めにしたが、ホールの残響みたいので、
風呂場の中で演奏してるような感じになってしまう。

PAULさんに「中をかなり固くしても、風呂場みたいになるんですけど、平気ですか?」って聞いたら「大きなホールの時はリハはこれでOK。お客さん入ると低音吸われるから」って言われて。

PAさん曰く特に冬だと、お客さんが、コートとかダウン着てるから、余計に音を吸われるんだって。そこまで知らなかったよ。

実際に本番時は、本当に低音が吸われて、大丈夫だった。
外音は各パートごとの音が聞こえて、バランスがよかったらしい。よかった。

以前にもホールでやった経験はあるけど、ぶっちゃけ「音の事」はわからないままやってた。「何か響いててきもちいい」みたいな感覚だけだった。

最近になって、ようやく「音作りの大切さ」がわかり、とにかく「音」が気になってしょうがない年頃なので、リハの時は、慣れない残響音に
戸惑った。

肝心なライブ自体はとても楽しんでできたよ。
ライティングが凄くて、汗かきまくって大変だったけど。

1月にもホールを控えているので、この感覚忘れないでおこう。

そして今回の対バンさん、みんな凄い方ばっかりだったんだけど、
中でも感動したバンドはこの日限りの「二井原実スペシャル」(田川ひろあきさんG、和佐田達彦さんB、長谷川浩二Dsさん)
二井原さんはLOUDNESS、和佐田さんは爆風スランプ、長谷川さんはTHE ALFEEという、豪華なメンツのバンド。

演奏が始まると鳥肌たった。まず、グルーヴが凄い。音圧凄い。歌が凄い。二井原さんが声張ると、空気がピリピリって振動してた。

更に、私が釘付けだったのが、ギターの田川ヒロアキさん。

彼は盲目ギタリストなんだけど、それさえ全然信じられないくらい神業のプレイをする方だった。
左手は全部逆手でおさえる。
コードもソロもタッピングも全て逆手で行う。
元々ピアノを弾いていたそうで、鍵盤を弾くフォームでギターを弾いたのがきっからしいです。
繊細な音色、超絶テクニックに感動しました。

HPがあるので、是非見てみてください。

http://fretpiano.com/hiechan/

毎回このイベントで対バンしている竹内藍ちゃん&PP女子。

3100298_3388124465.jpg



ライブ後は、PAULさん&PAULさんのお友達ミュージシャン&ギターテックのMさんとPPの女子でSTEIVIEのbarで打ち上げをした。

PAULさんに「BASSISTとしてコピーしたらいい曲」をいろいろ薦めてもらったり、参考になるお話をいろいろして貰いました。

その後、ギターテックのMさんをいろいろ質問攻めにしました。
楽器の保存方法や、温度、湿度と楽器の関係について。
MADE IN JAPANとUSAの違いについて、弦の選び方。音作り。
などについて。

一通り質問攻めをした後は、「痴漢」の話題になり。。。
私は、意識を失いました。
眠すぎて。アズ爆睡中。

3100298_102352081.jpg


P.Pの初ホール無事終了。

ベープロへの階段上る     つづく

そういえば、ベープロとは、「BASSのプロ」の略だから!!

     
昨日一日、頑張る事を休んだので、今日は、朝から普通に頑張った。
普通に今、頑張っている事があるので、それを練習した。
寒いけどジムに行って、体を鍛えた。

やっぱり何かやると安心するな。

しばらく封印していたノートを引っ張りだした。
2003年の私が書いたノートだ。書いた内容は忘れている。
読むのが怖かったけど、おそるおそるページをめくる。

2003年の私が書いたDEATH NOTE。
自分が「こうなりたい」ではなく「こうなります」という事柄が綺麗に箇条書きに書かれていた。

残念ながら、その中で実行できているのは、3割ほど。
まぁハードルが高い目標もかなりあったので。

しかし、その内容ときたら、下手に普通に売ってる「洗脳本」よりも
説得力のある内容だった。

?今の自分にとって足りないもの。
?またどうしてそれが足りないのか、その原因。
?今後、どうすれば、それを解消する事ができるのか。
?解消できなかった場合、どんな目に遭うのか

我ながら的確な事が書かれていた。
4年前の自分の方が今の自分に比べて「まとも」だった事がわかった。
?の事柄が、当たってるっていうか、「これ今の私の生活や気持ちじゃんよ?」ってなって、ちょっとびっくりした。

ある意味本気で「DEATH NOTE」だろう。

ちょっとウケタのが、そのノートには「今は相当モテる」と書いてありました。

モテ気、COME AGAIN
バカやろ~

今じゃなくて「年々どんどんモテるようになって困る」と書いておけば
よかった。

これからは、
DEATH NOTEの教えに従って、精進しようと思います。
12月30日の日に、ノートを更新しようと思います。

     
昨日はあさこちゃんと六本木にある、Gothicなバーに行った。心の消毒をする為に。しかし、店がかっこよすぎた。そこでイケメン店員2人といろいろな話しをした。目の保養を楽しんだ後、家に帰り、ビールを飲みながらいろいろ考え事をした。          落ち込んだ私を心配して心の友のケンジが電話をくれた。ケンジと本当にくだらない話をした。UFOの話とか。しだいに心が晴れて元気になった。不思議だね。昔学生の頃、マイナスイオンとマイナスイオンを足すとプラスになるって習った気が感じするけど、まさにそんな感じ?自分が落ちてる時にはグダグダなペースな人と会ってるとラク。やけにプラス思考な人と会って励まされたりすると余計まいってしまう。ケンジ曰わく「マイナスの人間とマイナスの人間がくっついてもそれ以上悪くならないし、俺たちある意味アダムとイブなんだよ」と。納得。結局本物の変態ていうのは、天涯孤独であり、群からはぐれた羊のような存在である。きっとこの先、どんなにきらびやかなブリンブリンに囲まれても心の中の孤独感は変わらない。そんな自分の存在価値を認めてしまえば楽になるのだが、そこまで行くには、もう数年、長ければ何十年かかるだろう。
そんなどうしようもない思いをケンジとは理解し合えた気がした。近々ケンジと登山をする事にした。

     
夜更けに心を擦りむいた。ヒリヒリする。
ヒリヒリしてる傷口に、マキロンをかけたら、凄く痛くて、思わず手で覆ってしまったような感じだ。

目覚めると痛みが広がっていた。最悪だ。2日くらい寝込もうかと思ったけど、私の事を必要としてる仲間がいるし、そうは言ってられなくて、何事もなかったように出かけ、何事もなかったように、リハに行った。
何事もなかったように、BASSを弾いた。

皮肉な事にいつもより、いい。こんな時に。音が尖っている。
攻撃的だ。また心なしか、優しい音色も出た。

こういう時に思う。私は、気は強いけど、心自体は弱い。繊細ていうか弱いんだ。強い心が欲しい。

明日はアルコール消毒してきます。
親友とアルコールでダブルで心を消毒してきます。


     
寒いね。昨日から、ダウンを解禁してしまったよ。
しかし、寝る時の布団は、まだ夏掛けです。
理由は冬が来たって信じたくないから。いつも私は矛盾だらけ。

昨日の夜中はDJをしてきました。
一人でちゃんと時間を貰ってやるのは、初めてだったので緊張した。
リハした機材と本番使った機材が違ってたから、不安だったけど、何とか事故(無音になる状態)は起きないで、無事に済みました。

どのジャンルでも、何においてもそうなんだけど、DJも奥が深い。
空気を読んで曲をセレクトしなきゃいけない。
私は、まだそのレベルじゃないから、自分でリスト作っていって、流しただけなんだけど、意外な曲でお客さんがノッてくれたり、逆に自分がノれるって思った曲では、あまり反応がなかったり。DJは「センス」が問われるんだなぁって思った。

でも、あさこちゃんが応援に来てくれたので心強かった。

20071119005005.jpg



夕方からは、samstringのメンバーと「サウンドメイキング講座」に
参加してきました。

内容は、バンドがモデル演奏をして、それをプロがサウンドチェック (チューニング、アンプの設定など)を行い、手を加える前と加えた後での違いを体感できるという勉強会のようなもの。

まず、普通にいつも通りライブの時のように、セッティングをし、PAさんに要望を伝え、演奏をした。この時点ではいつもの感じ。

それから、チェックが入る。

正しくチューニングが出来ているか。
また正しく弦が張られているか。この2点が出来ていない場合、いくら
音作りをしても、音がまっすぐに飛ばず、歪んでしまう為、バンドのサウンドが濁るとの事。

まず私の弦の張り方が全然ダメだった。ペグに綺麗に巻けてるから、今までそれで大丈夫かと思ったけど、弦に捩れがありました。

捩れを直す方法を教えてもらいました。
ていうか、今まで、どんな教則本やBASSマガジンにも載ってなかった。

その後、精密なチューナーで、きちんとチューニングをしてもらい、
ギターも同様の作業を行い、再び同じ曲を演奏した。


感動した。

まずアンプは同じ設定なのに、LOWが前に出た。それも抜けたLOW。
最近、悩んでいたLOWの籠もりが解消され、音の立ち上がりが早くなり、
白玉音符を鳴らした時の伸びがよい。

客席側の人の意見を聞くと、改造前と改造後、全然違うって。

改造後は、各パート一つ一つの音が綺麗に重なり、濁りが解消された為、歌が前に出たって。

実際、演奏しながら、モニタリングしやすくなっていた。
正直、チューニングや弦の張り方一つでこんなにバンドサウンドが変わるなんて思わなかった。

セッティングはこんな感じ。
アンプはヘッドがハートキー。ハコにあったモノを普通に使いました。
ほぼフラットの状態でLOWを少し下げてみた。

サンズは、いつも通り。
アンプに合わせて、煩いところをカット。

このセッティングで感動の綺麗な低音が出た。

20071119005016.jpg


20071119005032.jpg


本当に、今日は勉強になった。
有意義な時間を過ごしたよ。






     
複雑続編。

samstringのライブを見てきた。
まず横浜CLUB24というライブハウス自体が4年前くらいにワカメホームランでやった場所であり、非常に久しぶりだった。

階段を一段づつ下る。懐かしい気持ちと共に、不安な気持ちが押し寄せる。何で、私は、客としてsamstringを見に行くのか。

実は、今回、サムストメンバーが私に「バンドに対する気持ちを見つめなおしてもらいたい。また、客観的にバンドを見て欲しい。」というはからいで(その他の経緯、長くなるので省略)、ステージの外からバンドを見る事になった。
サポートでBASSを弾いてくれたのは、私の前任ベーシストの業者さん。
BASSに関しては私よりも50倍くらいうまい。

BASSが変わるとバンドはどうなるのか。

私にとって、バンドのメンバーというのは、男も女も関係なく家族であり、彼氏のようなもんである。

だから、例えば、自分が後から加入した場合、前のベーシストは「元彼女」のような存在。比較されて前の方が良かったって言われれば、傷つく。

今回「次回のライブはBASSを他の人に弾いて貰う、更に前のメンバー」と
メンバーから言われた時は、心にグサっと刺さるもんがあった。


私にとって、今付き合ってる彼に「おまえの前で、元カノとセックスするからよく見とけよ」と言われているようなもんだったから。

最初は、そんなのしんどくて、見られない。
昨日のライブも最初は見に行くのやだった。

でも、わざわざ、業者さんも、時間を割いてリハに来てくれてるんだ。
メンバーも、しんどいだろうって思ったら、逆にみんなに感謝しなきゃ
なって思ってた。

けど、ライブ当日。家を出る直前になって憂鬱な気分になった。
「見たくないな」
でも、ここで逃げちゃいけない。目を背けないで、しっかり見てやろう。って思った。


ライブが始まった。緊張した。
普段、見る事のできない「正面から見るメンバーの姿」

私は「客」の立場で見た。
すると、新しい発見がいっぱいあった。

知らない間に、メンバーが成長している部分があって、「努力してんだな。苦しんでたけど、ちゃんとそれが、少しずつ外に出てるよ」って思ったら、ちょっと涙が出そうになった。

更に今まで、ステージの中では気付かなかった事に気付いた。

「この曲のアレンジはこれで完成系なのか。もう一回考え直すべきかも」
「曲順は違う方がいいな」
「メンバーそれぞれのタイム感」
「ボーカル西たんの見え方」

結果的に、すげぇおもしろかった。

自分のバンドを外から見る機会なんて普通はないからね。

ギターのリーダーに「あなたも、誰かにギターを弾いてもらって、
一回、外で見てみなさい」とお奨めしました。

帰りにメンバーと「一蘭」のラーメン食べた。
すごいおいしかった。「ジャンガラ」に味が似ているんだけど、一蘭の
方がおいしいかも。


そして、気になる元カノはこんな感じです。
私の方が、かわいいと思います。

e0084310_1311910.jpg


     
理由あって横浜に向かってます。今日は、とあるバンドをCLUB24へ見に来たの。とあるバンドってサムストなんだけど。自分のバンドを客として見に行きます。そう、今日は私はBassを弾きません。自分の現役バンドを客席から見る、見たいような見たくないような。とても複雑な心境。なんだろこの気持ち。でも勇気を出して行ってきます。

     
アズからお知らせだよ。3つあるから。

?11月17日 アズはDJやります。
オールイベントです。多分、ロックばかり、賑やかなのをかけると思います。是非遊びに来てね。お笑いライブもあるよ。

   詳細はこちら
     ↓
■【♭5(フラットファイブ)】
・2007.11.17(sat.) 21:30~29:00まで @ 南青山VAL(http://www.cnomy.com/?dn=www.vwal.net&pid=1PO64LP33)
※・南青山VAL:南青山6-6-21-B1 tel/03-3486-1620

・オールジャンルのオールナイトDJイベント。JAM相見さんゲスト出 演予定。

・出演:●小川雄一郎(SOUND SPIRAL)●NAOKI(evergreen)●kenji mashida(タワーレコード渋谷店)●岩瀬恵理子●吉田洋生(ヨシダレコード)●Sachu ●azusa ●Mary

・CHARGE:\1,500(※1ドリンク付)



?11月25日 PAUL POSITIONのライブです。
東放学園という音楽の専門学校のホールでライブやります。
ていうか、対バンがすごい。
詳細はこちら↓ (和佐田さんのページからコピーしてきちゃいました。ごめんなさい。その為、敬称略されております。申し訳ありません)

11月25日(日)東放学園
西新宿「クロスロード」(都営大江戸線・西新宿五丁目下車・A1出口すぐ東放ミュージックカレッジ内B2)で行います。
出演は
★C is best(最近どんどん腕を上げてきている和佐田の生徒の中の代表バンドです)
★竹内藍(和佐田レーベル・大久音盤社の第一号アーティスト)
★ATOMIC POODLE(外道の加納さんのバンドです。ドラムは五十嵐公太!)
★SAICO(彼女はいいVoです。ぜひ一度皆に聴いてもらいたい!)
★STEEL ANGEL(長谷川浩二Dsが新たに作ったバンドです)
★face to ace(エース清水と元・GRASS VALLEYの本田海月のユニット)
★paul position(44マグナムのpaulが立ち上げたバンドです。Gに西尾智浩。ムチャかっこいいでっす)
★二井原実スペシャル(田川ひろあきG、和佐田達彦B、長谷川浩二Ds、ゲストにエース清水でおくるこの日だけのスペシャルバンド!)
時間はOPEN 15:30 START 16:00 前\3000 当\3500 Pコード:274-430 Lコード:38264 (問)FLIP SIDE 03-3470-9999 です。


?11月30日(金)samstring LIVE
  〔On The Other Side Vol.12〕
  高円寺 MISSION'S

「憧夢」でレコ隊の新人賞受賞したBe-Bさん主催のイベントです。
With:Be-B/嶽アヤナ/国吉亜耶子and西川真吾DUO/碧雲

前売り/当日\2000+1D500

サムストは20時過ぎの予定です。よろしく。b0068250_1126021.jpg


     
日記書くのが、遅くてごめん。楽しみにしてくれる人がいるならごめん。そういう人いるのか?いたら、手上げてください。


でねぇ、まず、だいぶ、タイムリーじゃなくなっちゃったんだけど、
この間は「ハロウィン」だったよね。

みんな、思い思いのコスプレしてたみたいだけど、実は、今年初めて、
まじめに、東急ハンズの「ハロウィンコーナー」を見たんだよ。そして疑問に思った事があった。

ハロウィンって「ピーターパン」みたいな格好するもんなのか?

売り場には、黒やオレンジを基調とした洋風な服とか雑貨が並んでてて、日本のものじゃないから当たり前なんだけど、そもそも「ハロウィンって何?」って、ウカレたディスプレイの前で漠然と思った。

そして、その疑問を残しつつ、あっという間に「ハロウィン期間」は過ぎていってしまった。

ハロウィン当日は「何かしなきゃ!」って焦って、「HELLOWEEN」のCDを爆音で聞きました。時間があれば、コピーバンドでもやりたかったんだけどね。

とかいいつつ、私も少しはのっかったので、今日はそれを披露しようと思う。

まず、大久保水族館にて。
TABLET Y2K7のHIROKAZさんがジミヘンのコスプレをしてました。
いやぁ凄いです。このコスプレ。更にジミヘンが降霊してたようで、
いつもとキャラや立ち振る舞いが違ってました。

私は相変わらず、酔っぱらってます。更に化粧が落ちまくって寝起きみたいになってます。

20071109025701.jpg


次の日渋谷DESEOにて
PAUL POSITIONでライブだった訳だけど、みんなで「ドクターとナースのコスプレをしている患者達」というテーマのコスプレ。

コスプレ好きの私も、意外に持ってなかったナースなんだけど、
着替えてメンバーに見せに行ったら、笑われた。他の二人はありだけど、私だけ、玄人さんだってさ。確かにな。でもかなり気に入ってしまったよ。

20071109031057.jpg


20071109031132.jpg


200711090312204


200711090312202


20071109031220


img_951812_26876283_1.jpg

(カカサン画像もらいました!)


結果的に愉快なハロウィンを過ごしたよ。

来年はもっと、何か考えよう。


最近の記事
プロフィール

AZUSA

Author:AZUSA


無料レンタル


SEXY&コミカルBASSIST。
3月7日生まれ。うお座。A型。
好きなタイプは福山雅治と大槻ケンヂ。

【バンド】
samstring
(「samstring」はこちらから試聴できます。http://www.samstring.net/)
  ↓
「PAUL POSITION」(44マグナムのVOCAL、PAULさん率いるファンクバンド
(http://www.paul-position.com/ )
  ↓
現在Marbell

【Marbell】
http://www.marbell.jp/

【NEWS】

★「音楽ば~か」エンディングテーマ MarBell「テノ鳴ル方ヘ」
 テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送
 7/5~9/27(OA毎週土曜日)23:20-23:45 ※予定

★日本の音楽、アニメなどに焦点をあてたアメリカでも有数の
大規模コンベンション「OTAKON」に MarBellがヘッドライナーとして出演決定!
詳細はオフィシャルウェブサイトでCheck! >>>http://www.otakon.com/
■イベント名  OTAKON 2008
■日程     2008年8月8日~10日
■会場     アメリカ(ボルチモア):Baltimore Convention Center



5/3(sat) 味の素スタジアム<hide memorial summit>
5/5渋谷O-EAST
6/9六本木morph tokyo 19:00
6/18 渋谷 O-EAST 18:00

■2008.8.8(FRI)~10(SUN) Baltimore Convention Center Baltimore,MD,USA  「 OTAKON 2008」

■2008.8.18(MON) FAB(表参道)
 「Phantom of the fabric vol.2」
 OPEN:18:00  START:18:30  TICKET ADV \2,500- / DAY \3,000-
 Angelique/GaGaalinG/function code();/Marbell

■2008.9.6(SUT) 下北沢 MOSAiC
 「VERSUS」
 OPEN:未定  START:未定  TICKET ADV \2,000 / DAY \2,500-
 HEAVEN'S CROW/TorN/function code();/Marbell

■2008.10.19(SUN) 大阪MUSEホール
UNDER CODE PRODUCTION PRESENTS chariots主催イベント
「carnage opera VOL:8」
chariots / boogieman / GaGaalinG / MarBell / ClearVeil / LOGiQ
関西変態系お笑いヴィジュアルバンドHEAR / n'DooL

■2008.11.18(TUE) FAB(表参道)
  【induce and confuse】   RUNAKATE/他
OPEN:18:30 START 19:00 ticket:adv,\2300 door,\2500

■2009.2.14 (SAT) 両国/Four Valley
Dazzle Vision&diskunion presents adv:2500yen door:3000 / open  18:00 start 18:30
exist†trace/Dazzle Vision

■2月17日(火)六本木morph-tokyo
『Over Drive』
gnosis/川村バンド/MarBell
TICKET: 前売り/\2400 当日/\2900 (D別)
TIME: OPEN/18:30 START/19:00

http://www.morph-tokyo.com/

■2/21(土)クラブチッタ川崎
Blreach!!~ Round 49  
開場12時30分/開演13時 前売り4000円 当日4500円(税込・ Drink別)オールスタンディング

http://www.shibuya.gr.jp/blreach/

■4/26(日) 高円寺Mission's  
BILLY-MUKAI presents “CROSS PURPOSES”
open/start 17:30/18:00
adv/door \2000/\2300
act:Marbell / SHOW-TA / SCREAMING LOVEHOLE / SWAPPING ROCKET ROLL / Virry☆Jack

DJ&MC BILLY(CLACK-NASH) & ASAKO(東京ナスティ・ハビッツ)

■4/30日(木)下北沢CLUB251

OPEN18:00/START18:30 
前売¥2000/当日¥2500(+D)
251,ぴあ[P:320-710],ローソン[L:72214]=3/30
"MAXIM presents“中出しナイト Vol.4”"
STAB/MarBell/NATIVE×MUSTANG×FULLNELSON/他


東京ナスティハビッツ
11月30日 新宿club ACID


【NEWS】

★「音楽ば~か」エンディングテーマ MarBell「テノ鳴ル方ヘ」
 テレビ東京、テレビ北海道、テレビ愛知、テレビ大阪、テレビせとうち、TVQ九州放送
 7/5~9/27(OA毎週土曜日)23:20-23:45 ※予定

★日本の音楽、アニメなどに焦点をあてたアメリカでも有数の
大規模コンベンション「OTAKON」に MarBellがヘッドライナーとして出演決定!
詳細はオフィシャルウェブサイトでCheck! >>>http://www.otakon.com/
■イベント名  OTAKON 2008
■日程     2008年8月8日~10日
■会場     アメリカ(ボルチモア):Baltimore Convention Center


【サポート情報】
2006年7月19日発売
桜塚やっくん Debut Single+DVD「ゲキマジムカツク」
プロモにバックバンドとして参加

その他、サポート活動をガンガンやっていきます。

アズへのお問い合わせ、メッセージはこちらへ
pink-room@mail.goo.ne.jp

月別アーカイブ
FC2カウンター

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。